業務用エアコンの工事費は目安より増える要素が多い - 業務用エアコン工事調査団

業務用エアコン工事調査団
Home » エアコン工事の実態 » 業務用エアコンの工事費は目安より増える要素が多い
ribbon

業務用エアコンの工事費は目安より増える要素が多い

業務用エアコンの工事費のトータルコストは、一般的にエアコン本体費用+標準工事費+標準工事費に含まれない工事費となります。
その為、業務用エアコンの新設や交換を検討する際には、本体費用と標準工事費だけを考えて判断してしまうと、標準工事費に含まれない工事費として高額な費用を請求されることもあります。

実は業務用エアコン工事費は、同じ現場でも施工業者によって使用する材料の数、配管やケーブルの長さ、施工の難易度や職人さんの人件費に差がついてしまいます。
それにより標準工事費に含まれない工事費が多く発生してしまうことも考えられるのです。
ですから、業務用エアコンの工事費の目安となる見積もりをしてもらう時には、施工業者に現場を見てもらってから提出してもらうようにすることです。

また標準工事にどのようなことまで含まれていて、どういうことが追加費用の対象になるのかは、一般の方では分からないことが多いです。
その点を確認しないで曖昧にしたまま工事を依頼してしまうと、先にも触れたように目安としていた工事費をはるかに上回ってしまうこともあるのです。
そのようなことを回避するためにも、見積もりを提出してもらった段階で、不透明な部分がないのかをチェックすることも大事です。
ただ、いくら事前に現場を確認していても想定外のことが発生することもあって、それにより費用が掛かるケースがあることも知っておく必要があります。

一般的な業務用エアコンの工事費としては、室外機設置費や室内機設置費、配線や配管工事費などがあります。
その他にも、ダクト工事や天井工事などが必要になることもありますし、建物によっては壁面に配管を通す穴を開ける工事が必要になる場合もあります。
また、交換する場合なら既設の業務用エアコンの取り外しや廃棄処分費が必要になることもありますし、美観や耐久性のために配管に化粧カバーを取り付けるケースもあります。
このように概算の工事費から増えてしまう要素も意外と多いので、費用ができる限り増えないように、見積もりしてもらうようにお願いすると良いです。

エアコン工事の実態 | 11月03日更新