業務用エアコンの工事費は見積もり以外の費用が発生することもある - 業務用エアコン工事調査団

業務用エアコン工事調査団
Home » エアコン工事の実態 » 業務用エアコンの工事費は見積もり以外の費用が発生することもある
ribbon

業務用エアコンの工事費は見積もり以外の費用が発生することもある

業務用エアコンを導入する場合には、依頼する施工業者を探さなくてはならないので、施工業者のホームページをチェックして工事費などを確認します。
特に業務用エアコンの工事費用は一番気になる点になるので、掲載されている費用を見るでしょうが、それはあくまでも工事料金の目安であって、最終的には工事費の見積もりで費用を確認する必要があります。

ただ、業務用エアコンの工事費も設置する機種や稼働タイプ、形状や能力など様々な条件によって異なってくるので、一般の方では分かりにくいものです。
また、標準工事以外にも標準工事に含まれていない別途工事やオプション工事があるので、さらに理解しにくくなってしまいます。
それから、冷媒配管工事費・ドレン配管工事費・既存エアコン撤去工事費・処分費・電気工事費・リモコン配線工事費・諸経費などの項目があって、見積もりを見てもわからないことも少なくないです。

ですから、業務用エアコンを導入する際に工事費の見積もりをとった時には、分からないことは遠慮しないで質問することです。
そうしないと必要のない工事をしてしまったり、後になって費用が高くなってしまったりする可能性があります。
もし、そうした質問に対してていねいに対応してくれない施工業者なら、別の親切な業者にすることをおすすめします。

それから業務用エアコンの工事費は、当初見積もりの通りにならないことも少なくないことを知っておく必要があります。
それは、取り付け状況などによって工事当日になって、追加工事や変更工事が発生するケースがあるからです。
このような場合には工事内容の変更や追加について施工業者から説明があるでしょうから、質問や疑問がある場合には確認すると良いです。
納得いかないと後々トラブルに発展することもあるので、追加工事や変更工事が発生した場合にはしっかりと確認するように心がけることです。
それから、このように当初見積もりにない追加工事や変更工事が発生しても大丈夫なように、業務用エアコンの工事費は多めに準備しておくと良いです。

エアコン工事の実態 | 11月03日更新