業務用エアコンの本体価格はどの程度なのか? - 業務用エアコン工事調査団

業務用エアコン工事調査団
Home » エアコン工事の実態 » 業務用エアコンの本体価格はどの程度なのか?
ribbon

業務用エアコンの本体価格はどの程度なのか?

業務用エアコンの設置工事費用を考えると、決して安い買い物ではないので、できる限り安く導入するためには価格相場を把握しておく必要があります。
そうすれば業者から提出された見積価格が安いのか高いのかの判断もしやすくなります。
ただ、業務用エアコンを導入する際にかかる費用は、エアコン本体価格と設置価格の2つがあるので、単に業務用エアコンの本体価格だけで判断するのではなくて、トータル費用で判断する必要があります。

また本体価格と設置価格は機種や馬力、設置する場所によって大きく変わってくることも、事前にしっかりと理解しておく必要もあります。
業務用エアコンの種類としては、天井に埋め込むことですっきりと設置できる天井埋め込み型、天井につるすタイプで遠くまで風を送ることが可能な天井吊型があります。
また、気軽に設置することができて足元まで風を送ることが可能な床置型、一番手軽なタイプで小さい事務所などに向いている壁掛型の4つに大きく分類することができます。

この種類別の業務用エアコンの本体価格は、天井埋め込み型でカセット4方向なら定価の約25%〜40%、カセット2方向では定価の約35%〜45%、カセット1方向は定価の約40%〜50%がひとつの目安になります。
それから天井吊型なら定価の約40%〜50%程度が目安になりますし、床置型は定価の約40%〜50%、壁掛型では定価の約30%〜40%程度が目安です。
その他、ビルドイン形やダクト形というものなら定価の約70%〜80%程度が、業務用エアコンの本体価格の目安になります。

ただし、あくまでも一般的な目安となる本体価格であって、当然業者により価格に差が生じてきます。
また、設置工事を一緒に依頼した際の本体価格の目安なので、購入と工事を別々の業者からした時には本体価格は高くなる可能性が大きいです。
その点を理解しておくことが大切ですし、それを考慮すると購入と設置工事は一緒にひとつの業者に依頼した方がお得なることが分かります。

エアコン工事の実態 | 11月03日更新